島本理生の著作一覧

島本理生は、2001年に『シルエット』が群像新人文学賞の優秀作に選ばれる。2003年には『リトル・バイ・リトル』が芥川龍之介賞の候補に選ばれる。その後、『リトル・バイ・リトル』は野間文芸新人賞を受賞。2005年に『ナラタージュ』が23万部を超えるベストセラーとなる。2018年、『ファーストラヴ』で直木三十五賞受賞。

どんな書籍?<天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。>

Answer site 本書———————– 天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 著者 : 山口続きを読む “どんな書籍?<天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。>”

具体的方法と良質教材 (英語四技能)【2020年】

令和三年から大学入試センター試験が共通試験になると発表がありました。実際に試験内容の趣も変わる発表がされましたね。これからは、主に記述などのより実践的な勉強が求められてきます。 その中でも英語に関して言うと、より実践的な続きを読む “具体的方法と良質教材 (英語四技能)【2020年】”